「活・文章力」好評発売中! 読んでみる(Amazon)

Kindle出版方法を5ステップで初心者向けに解説!Amazon電子書籍の発売手順!

5ステップ電子書籍出版2
  • URLをコピーしました!
この記事で解決できるお悩み
  • 初心者がKindle出版(キンドル出版)をする簡単な方法は?
  • Amazonで電子書籍出版をする手順
  • どんな形式で出版するのがオススメ?
たまぺん。

Kindle作家&ブログ運営をしている「たまぺん。」です。

Kindle本を発売したことで、
ささやかながら毎月印税が入ってくるようになりました。

この記事では、知識ゼロからの電子書籍出版でも、
わかりやすく発売できる方法を解説しますね!

専門知識は一切必要なく、
文章執筆ソフト(Wordなど)で文字入力できる方なら、
誰でも簡単にKindle出版できる方法をまとめました。

Kindle出版に必要な手順は、たったの5ステップ。

電子書籍端末

原稿や表紙ができている方なら、
1時間程度で登録から出版手続きが完了してしまいます。

原稿や表紙をつくったことのない方でも、
わかりやすく説明しましたので、
ぜひ参考にしてくださいね!

目次

ステップ1:Kindle出版の流れを把握しよう!

KDP出版の流れ

Kindle本を出版するにあたり、流れは次の5ステップだけです。

STEP
Kindle出版の流れを把握する
STEP
AmazonのKDPアカウントを登録する
STEP
原稿を準備する
STEP
表紙を準備する
STEP
KPDで電子書籍を出版する

初めての電子書籍出版だと難しく考えがちですが、5つのステップを順番にすすめていけば、Kindle本が個人の方でも出版できてしまいますよ!

Kindle出版の流れ

Kindle本の出版で準備するもの&費用

Kindle本の出版をするにあたり、初心者の方におすすめしているのは、次のとおりです。

Kindle本出版で準備するもの
  • Amazonアカウント
  • AmazonのKDPアカウント(後述します。無料でつくれますよ。)
  • 報酬受け取り用の金融機関口座
  • パソコン
  • 文章多めの書籍の場合→Word/
    写真が多めの書籍の場合→PowerPointなど

Kidnle出版の方法はいろいろありますが、
初心者の方が出版するのであれば、
パソコン1台とMicrosoftのアプリ(Wordなど)があると便利です。

たまぺん。

私はMicrosoftサブスク版Microsoft 365 Personal)を
利用していますが、
買い切り型でも、サブスク版でも、どちらでも出版できます。

Kindle出版にあたり、
あと必要なのは「KDPアカウントだけ」という方も
多いかもしれませんね。

よむぺん

パソコン・Wordソフトなどを、
すでに持っている人なら、
追加料金なしで出版できてしまうね!

KindleはAmazonの電子書籍関連サービス

Kindle出版にあたり絶対に忘れてはいけない、
大切なことをひとつ。

自分が出版したい書籍に近い本があれば、ぜひ何冊か目を通しておきましょう。

たまぺん。

無料の電子書籍本もありますが、
電子書籍が読み放題のKindle Unlimited契約
かなりオススメ!

毎月定額980円で対象の電子書籍が読めますよ。

Amazonの対象の電子書籍が読み放題! Kindle Unlimited

本を読む時間がなかなかという人は、本を耳で聞く「Audible」もオススメ!

自分と近いジャンルの書籍から情報をインプットして、リサーチしていきましょう。

【聴くだけで読書ができるAmazonのAudible】

ステップ2:AmazonのKDPアカウントを登録しよう

それでは、KDPアカウントを登録していきましょう。

KDP(Kindleダイレクト・パブリッシング)とは?

KDPとは、 Kindleダイレクト・パブリッシング(Kindle Direct Publishing)の略。

電子書籍紙書籍を出版し、Amazonサイトで販売までしてくれるAmazonのサービスです。

たまぺん。

出版だけでなく、販売まで行ってくれるサービスです

KDP登録は無料。始めてみよう!

お値段が高いんじゃないの?と思われるかもしれませんが、なんとKDPへの登録は無料です。

KDP公式ホームページの画像

出版した書籍が売れた場合は手数料がかかりますが、登録だけであれば一切支出は発生しません。

安心して登録してみましょう!

主な登録箇所は3つ

KDP登録にあたり、記入するのは主に次の3箇所です。

KPDで登録する箇所
  • 著者/出版社情報
  • 支払い受け取り方法(報酬受取用の金融機関口座を準備)
  • 税に関する情報
たまぺん。

設問に沿って、回答していけばOK!

KDP登録は、振込み用の金融機関口座番号などを事前に準備していれば、

あっという間に登録できます。

すまぺん

税務情報では、基本的には
「私が税金支払い義務のある国では、
居住者にTINを発行していません。」
でOK!
(マイナンバーの記載不要です)

\ まずは無料でアカウント登録! /

 ステップ3:原稿を準備しよう

次は、原稿を準備していきましょう。

Kindle本に最適なファイル形式

キンドル本で推奨されているファイル形式を見てみましょう。

昔はEPUBなどでしか出版できなかったのが、
今ではWord形式での出版も可能に。

初心者の方が文章多めの内容でKindle出版するなら、
KDP推奨項目にも入っているWord出版はオススメですよ!

Kindle本で推奨されているファイル形式
  • Microsoft Word (DOCX)
  • Kindle Package Format (KPF)
  • EPUB
  • MOBI

その他、推奨ではありませんが、サポート対象のファイル形式もあります。

推奨ではないけれど、サポート対象のファイル形式
  • HTML (ZIP、HTM、または HTML)
  • リッチ テキスト フォーマット (RTF)
  • プレーン テキスト (TXT)
  • Adobe PDF (PDF)
たまぺん。

Kindle出版が初めての方にオススメなのは、
文章多めの書籍→ワード
写真多めの書籍→パワーポイントです

リフロー型と固定レイアウト型

Kindle本の電子書籍には、大きく分けて2種類あります。

リフロー型
固定レイアウト
  • 文字の多い文章向き
  • 端末・条件により、表示される文字レイアウトが流動的に変わる形式
  • 読者がマーカー・付箋利用可
  • 目次クリックで該当の章にリンク可
  • 読者の条件次第でページ数が変わる
  • 画像の多い雑誌・絵本・写真集向き
  • レイアウトが固定された状態で表示
  • デザイン・レイアウトが崩れない
  • 読者の条件次第で、ページ数は変わらない
  • 一般的に目次はリンクなし
  • 別名:フィックス型
よむぺん

リフロー型は、端末などの条件によって
1ページの文字数やレイアウトが違ってくるのね。

たまぺん。

ワード→リフロー型
パワーポイント→固定レイアウト型
となります。
ぜひ覚えておきましょう!

文章多めならワード形式がカンタン!

繰り返しになりますが、
テキストが多めの書籍を出版するなら、
マイクロソフトのWordがおすすめです。

章立てして、読者にわかりやすいように文章を書いていきましょう。

Word形式の書籍 文章構成例
  • はじめに
  • 目次
  • 第1章
  • 第2章
  • 第3章・・・
  • あとがき

もちろん、画像やイラストも挿入できます。

「挿入」→「画像」で、文章の合間に画像を入れて見やすくすることもできます。

Wordでの原稿の書き方については、以下の2つの記事が参考になるかと。

写真多めならパワーポイント形式がカンタン!

写真やイラストが多めの書籍を出版するなら、
マイクロソフトのPowerPointがおすすめです。

PowerPoint形式の書籍
  • スライドのサイズは16:9を選択
  • 縦型、横型お好みで選択

最新バージョンのパワーポイントなら、「画像を挿入→デザイン→デザインアイデア 」で、自動でデザインアイデアの提案までしてくれます。

PowerPoint形式は、固定レイアウトで表示されます。

文章や画像の配置を考えながら、
レイアウトデザインを考えていきましょう。

原稿は少ないページ数でもOK!

電子書籍は、まずは出版してみることが大事。

私は初めて電子書籍を出版するとき、
いきなり数百ページの大作を書いてしまいましたが、
なにもいきなり数百ページも書く必要はありません。

20ページ、30ページの書籍を出版してもいいのです。

まずは小冊子を出版するつもりで、
肩の力を抜いて最初の1冊を世の中に送り出してみましょう。

たまぺん。

原稿が準備できたら、次は表紙だね!

ステップ4:Kindle本の表紙を準備しよう

Kindle本の表紙は、自分の本を読んでもらえるかどうか重要な箇所です。

どんなに素晴らしい本を書いたとしても、
表紙が魅力的でないと、
手に取る人が限られてしまいます。

表紙は、自分でつくる方法と、
プロにつくってもらう方法がありますよ。

自分でつくる方法

表紙を自分でつくれば、コストカットになりますし、
思い通りのデザインを納得のいくまで作り込めます。

パワーポイントでつくることもできますし、
CanvaやPhotshopで製作してもいいでしょう。

たまぺん。

Canvaなら、初心者でも
オシャレなKindle表紙をつくれます!

Canvaの検索画面で「電子書籍の表紙」と打ち込むと、プロがデザインした完成度の高いテンプレートの一覧が表示されます。自分の書籍用に加工して、読者の目を惹き付ける表紙デザインを完成させましょう。

Canvaのデザイン一例
Kindle本の表紙 注意点
  • JPEG(もしくはTIFF)形式
  • 推奨サイズ:高さ 2,560 ピクセル×幅 1,600 ピクセル
  • 縦横比は 1.6:1 以上
  • サイズは 50 MB 未満
  • 背景が白の場合、白背景と区別するため淡いグレーの枠線を追加
たまぺん。

表紙をいくつか作って、
まわりの人に選んでもらうといいですよ!

外注でつくってもらう方法

自分で表紙をつくらずに、プロにお任せする方法もあります。

プロに任せて外注化することで、
自分は執筆活動に専念できます。

自分で製作するよりカッコいい表紙が
出来上がってくるかもしれませんね。

表紙の外注化
  • 「クラウドワークス」「ランサーズ」などで募集する
  • コンペ方式で5000円前後が相場
  • タイトル、サブタイトル、著者名、表紙のイメージ、(キャッチコピー)
クラウドワークスでの仕事依頼
たまぺん。

Kindle本の表紙依頼をしている人は結構多いので、
他の人の募集内容を参考にすると、わかりやすいです

ステップ5:KPDで電子書籍を出版しよう

KDPのアカウント登録、原稿、表紙が準備できたら、いよいよ出版しましょう。

KDP(Kindleダイレクト・パブリッシング)にサインイン

KDPにサインインします。

本棚タブで「電子書籍」を選択

本棚タブで、「電子書籍またはマンガ」を選択します。

「Kindle本の詳細」を入力

本の詳細を記入していきます。

タイトル、サブタイトル、著者名、内容紹介、キーワード、カテゴリ選択などを書いていきましょう。

「Kindle本のコンテンツ」を入力

Kindle本のコンテンツを入力していきます。

DRM(デジタル著作権管理)は、問題なければ「はい」を選択。

電子書籍の原稿と表紙は、アップロードします。

「Kindle本の価格設定」を入力

価格設定を記入していきます。

Kindle本の価格設定
  • KDPセレクトへの登録の有無 
  • ロイヤリティ35% or 70%を選択
  • 希望小売価格
たまぺん。

私はKDPセレクトに登録し、ロイヤリティ70%を選択しています。

KDPセレクトについて

KDPセレクトに登録すると、
自動的に 電子書籍読み放題サービスKindle Unlimited に追加されます。

読み放題の契約者に、たくさん読んでもらえる確率が高くなります。

でじぺん

Kindle Unlimited 対象本なら、
本の注文がなくても、
読み放題サービスで読まれたページ数分、
印税が入るよ

ロイヤリティ 35% vs. 70%

ロイヤリティは、35%か70%かを選択できます。

よむぺん

え?!選べるの?
だったら70%に・・・

たまぺん。

ロイヤリティ70%には条件があるから、どちらがいいか選んでね

35%ロイヤリティ
70%ロイヤリティ
  • 本の価格99円から2万円まで
  • 本の価格99円から2万円まで
  • Kindle Unlimited契約者は
    無料で読める
  • 注文分以外にも、Kindle Unlimitedで読まれたページ数分の収益が入る
  • 登録後90日間は
    Kindle独占販売にすること
    (紙書籍を除く)
  • キャンペーンを実施できる
たまぺん。

すべての入力が完了したら、いよいよ出版です!

「Kindle本を出版」ボタンを押しましょう!

Kindle本の完成!

お疲れ様でした!あとは審査を待つのみ

お疲れさまでした!これでKindle本の出版の手続きは完了です。

実際に読者の方が購入可能になるまでに、最大で72時間ほどかかります。

たまぺん。

私の場合は、1日もあれば販売開始になりました

すまぺん

「本棚」の本リストが、
「レビュー中(審査中)」→「出版準備中」→「販売中」になれば、
いよいよ発売開始です!

発売開始後は、実際の仕上がりをチェック!

電子書籍が発売開始されたら、
実際に自分の端末で確認してみましょう。

原稿に訂正箇所が見つかれば、
KDPの「 Kindle本のコンテンツ 」で
アップロードし直せばOK!

これでKindle本の出版手続きは終了です。

注意点

基本的に、表紙タイトル・サブタイトル・著者名
あとから変更できません(軽微な修正をのぞく)。

しっかりと確認してから、出版ボタンを

まとめ

いかがでしたか?

Kindle本の出版の流れを、もう一度まとめておきますね。

Kindle本を出版すの流れ5ステップ

STEP
Kindle出版の流れを把握する
STEP
AmazonのKDPアカウントを登録する
STEP
原稿を準備する
STEP
表紙を準備する
STEP
KPDで電子書籍を出版する

最初の1冊さえ出版してしまえば、あとはステップ3、4、5の繰り返しのみとなります。

本によって売れ行きに差があるかもしれませんが、続けていけば、きっと売れる本が出てきます。

Kindle出版をまだしたことがない方は、この記事を参考にしながら、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

たまぺん。

この記事が皆様のお役に立てば嬉しいです!

5ステップ電子書籍出版2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる