「活・文章力」好評発売中! 読んでみる(Amazon)

契約前に使い勝手を知りたい!「文賢」の料金・感想・メリット・デメリットを徹底解説

文賢の価格料金・レビュー・感想
  • URLをコピーしました!
この記事で解決できるお悩み
  • 文章作成アドバイスツール「文賢」の使い勝手・料金(価格)体系は?
  • 「文賢」のメリット・デメリット・実際に使ってみた感想は?
  • 「文賢」って、どのような人向けなの?

「文賢(ぶんけん)」は、
文章執筆をAIで支援してくれる珍しいサービス

本当に契約していいのか迷う場合も多いですよね。

たまぺん。

この記事を読めば、
あなたが文賢に向いているのかどうか、
一発でわかるようになりますよ。

電子書籍作家であり、
文賢を実際に契約していている私が、
正直な感想を包み隠さず解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

\ 今すぐ「文賢」公式サイトを見てみる /

目次

文賢とは

文賢は文章作成支援ツール

文賢は、株式会社ウェブライダーが運営する
推敲・校閲・校正支援ツール

「視点が変わる 言葉が変わる」という
キャッチコピーで有名です。

文賢を運営するウェブライダーとは?

株式会社ウェブライダーでは、「文賢」以外の商品のほかにも、
WordPressテンプレート「権威」
「沈黙のWebライティング」といった書籍も販売しています。

著:松尾 茂起, イラスト:上野 高史
¥2,200 (2022/09/30 15:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

文賢の料金体系

文賢の初期費用

文賢の初期費用は、11,880円(税込)

初期費用は新規購入時
または有効な文賢ライセンスを
他に所持していない場合
のみ必要です。

文賢の更新費用

忘れてはいけないのは、
入会金だけではなく、
更新費用もかかること。

1ライセンスあたり、2178円

※更新費用は、クレジット払いの場合は
 30日ごとに自動引き落としです。
 (自動引き落としの停止はいつでも可能。
  銀行振り込みは180日更新と1年更新があります。)

1ライセンスをクレジットで申し込む場合(2022年7月現在)
  • 初回のみ、初期費用11880円+更新費2178円=14,058 円(税込)
  • 次回更新からは、2,178 円(税込)
たまぺん。

5ライセンス以上をまとめて購入すると
割引価格になりますよ

「文賢」ホームページより
よむぺん

うわー!
結構高いなぁ・・・。
いきなり契約するのは
勇気がいるかも。

たまぺん。

ですよね!
私も契約する前までにかなり迷いました。

だから、実際に契約してみてどうだったのか、
機能や感想を詳しく解説しますね。

文賢のおもな機能7つ紹介

文賢のおもな機能を7つ紹介しますね。

とはいえ、
本当にすべて使っているのかと
問われれば、答えはNo!

私が実際に使う頻度が高いのは、
「校閲支援」「推敲支援」
「Google Chrome拡張機能」
この3つです。

推敲支援

文章を読みやすく、わかりやすく支援してくれるのが
推敲(すいこう)支援機能です。

文賢画面より
推敲機能のおもな例
  • 同じ助詞の連続使用
  • 英数字が半角に統一されていない
  • 一文に読点が4つ以上あるetc.
たまぺん。

間違いじゃないけど、
この表現のほうがわかりやすいよと
教えてくれます。

校閲支援

誤字や脱字、間違った日本語を使っていないかを
チェックしてくれうのが校閲(こうえつ)支援機能です。

校閲機能のおもな例
  • 誤字脱字
  • 誤った敬語
  • 話し言葉・砕けた表現etc.
文賢画面より
たまぺん。

校閲・校正で指摘された部分は、
明らかな間違いである場合がほとんど。
ここで指摘された箇所は
ほぼすべて修正しています。

よむぺん

1箇所でも誤字脱字が見つかると
「文賢を契約していてよかった!」
ってなるよね。

たまぺん。

実際には1箇所どころか、
結構たくさん指摘されるんだよね。
このままノーチェック
世の中に文章を出していたらと思うと、
ゾッとしてしまいます。

Google Chrome拡張機能

基本的には、
書いた文章をコピー&ペーストで貼り付けていますが、
Google Chromeで書いた文章などは
「拡張機能」を使えば、
そのまま文賢に文章を送信できます。

すまぺん

ブラウザで見ている文章を、
すぐに文賢に送ってチェックできる。
なんて便利なの!

たまぺん。

この3つだけで
結構満足しています

よむぺん

えー?!
もったいない!
他にはどのような機能があるの?

たまぺん。

具体的に紹介しますね

文章表現機能

表現力豊かな「文章表現」や「言い回し」を教えてくれます。

たまぺん。

たとえば「新しい本です」という
表現を別の言い回しにしたいとするよね

よむぺん

「新しい」ね。
どのような表現になるんだろう?

「新しい」という文字の言い回しを変えると・・・
  • 画期的な本
  • 今まで見たこともない本
  • 奇想天外な本
  • ニュータイプの本
  • 斬新な本
  • 先頭を行く本
  • 新風を吹き込む本
  • 一石を投ずる本 etc.
よむぺん

ただ「新しい本」って
言われるよりいいよ!
なんで使っていなかったの?

たまぺん。

このまえ出版した書籍は8万字もあって・・・
スペルチェックだけで精一杯だったの。
今度からは、
文章表現機能も活用しないとね。

よむぺん

表現に幅が出るから
いろいろな言い回しを
試した方がいいね

アドバイス機能

アドバイス機能とは、チェック形式のアドバイスのことです。

最終的に文章を目視でチェックするとき、

  • 「パワハラ」だと受け取られる内容はありませんか
  • 表記揺れはありませんか


など聞いてくれて、
自分でチェックを入れていきます。

たまぺん。

「アドバイス機能」というよりは
「チェック機能」ですね

よむぺん

広報担当者、
プレスリリース担当者、
演説の台本などに
役立ちそうだね

文章読み上げ機能

文章読み上げ機能は、その名の通り。
文章を読み上げてくれます。

たまぺん。

文章って耳で聴くと、
・誤字脱字
・文章の流れ
をチェックしやすいんだよね

よむぺん

速度や音量も変えられていいね!
だけど、なんで使わないの?

たまぺん。

私はサブスク版Wordの読み上げ機能
使い慣れていて、
文賢で使わなくても
よかったからかな

※私個人的な意見としては、
サブスク版Microsoft Word読み上げ機能のほうが
機械的でなくて聞き取りやすい気がします。
(たぶん好みにもよると思います)

漢字使用率がわかる機能

文賢なら、
漢字の使用率も一目で確認できます。

よむぺん

やわらかい文章にしたいときに
役立ちそうだね

文賢には、ほかにも機能がいっぱい!

文賢には、このほかにも多くのサブ機能が備わっています。

ここでご紹介したのは、ごくわずか。

契約したその日から、文賢の全機能が使えるようになりますよ!

契約したその日から、全機能が使えます!
  • 100項目以上のチェック
  • 4000を超える文章表現など

\ 今すぐ「文賢」公式サイトを見てみる /

「文賢ありがとう!」と感激した瞬間BEST5

たまぺん。

続いて、私が
「文賢ありがとう!」と感激した瞬間
BEST5を一挙に紹介します。

一文に読点が4つ以上ある

気づかないうちに、読点だらけの長い一文になることも。

文章を分割してスッキリ書けないか、
簡潔に表現できないかを検討する
いいきっかけになりました。

同じ文末表現の連続使用

「『です。』」を続けて3回使っている」と指摘されたとき。
目視ではなかなか気づけないですよね。

指摘されたときは、「体言止め」を検討したり、
「でしょう。」「かもしれません。」「ではないでしょうか」などの
表現に書き換えるようにしています。

たまぺん。

文章のリズムがグンとよくなりますよ。

英数字が半角に統一されていない

半角英数字になっているかなんて、
目視ではじっくり探さないとわからない項目。

たまぺん。

文賢のおかげで、短時間で
修正できました。

「ひらく」言葉を指摘してくれたとき

「始める」を「はじめる」。

「例えば」を「たとえば」。

このように「漢字」でなく「ひらがな」で表現することを
言葉を「ひらく」と言います。

漢字でなく、あえてひらがなで書いた方が
硬い文章にならなくてすみますね。

「ということ」「することができます」を省略できたとき

無駄に文章を長くせず、
わかりやすい文章を書きやすくなります。

たとえば、
「ということ」は、
使わなくても意味の通じる場合がほとんど。

よむぺん

文賢を契約するということは、
文章の達人になることと同じ。」
この文章を短くすると・・・

すまぺん

文賢の契約は、
文章の達人になることと同じ。」
あら。スッキリしたわ。

たまぺん。

「することができます」も
短くすることができます。

よむぺん

短くすることができます
でなくて・・・

すまぺん

短くできます
かな?

たまぺん。

そのとおり!

「文賢ありがとう!」の瞬間まとめ

明らかな間違いではないけれど、
「この方が読者さんは読みやすいよ」と教えてくれた瞬間に
「文賢ありがとう!」と思える回数が多かったです。

\ 今すぐ「文賢」公式サイトを見てみる /

文賢のメリット6つ

文賢を契約して
実際にどんなふうに役立ったのか
メリットを6つご紹介しますね。

追随を許さない高性能な推敲・校閲機能

私は有料・無料を含めて、いくつかの
推敲・校閲機能ツールを試してきました。

けれども、
文賢ほど簡潔かつ、高精度で指摘してくれるソフト
ほかに見当たりませんでした。

唯一、文賢と併用しているのは
サブスク版Word「校閲機能」や「読み上げ機能」のみ。

よむぺん

ちなみに、推敲・校閲分野では
「Wordのスペルチェック機能」「文賢」
どっちがいいの?

たまぺん。

「文賢」のほうが、はるかに上です。
チェック項目の数が
全然違います。

文賢は、指摘してくれる項目数や、
文章を読みやすくしてくれる工夫が
圧倒的です。

とはいえ、
文賢で指摘されずに
Wordで指摘してくれる箇所があるのも事実。

とくにこだわりたい文章の場合、
私は「ダブルチェック」体制
書くようにしています。

文章力が上がる

文賢を利用していると、
何度も同じ箇所で指摘される場合がほとんど。

文賢で複数回にわたって指摘された箇所は
意識的に文章を直すようになりました。

短時間で読みやすい文章になる

「です。」が4回続いているなんて、
目視だけではなかなか発見できません。

すべての文末をチェックするのは
ほぼ不可能と言えます。

たまぺん。

文賢なら短時間で
文章の修正ができるから
助かっています。

指摘されても傷つかない

文賢は機械的に指摘事項をピックアップしてくれるので、
どれだけ注意されても、傷つきません。

上司に1000回注意されたら立ち直れないけれど、
文賢なら1万回注意されても、
たぶん「ありがとう!」って思えます(たぶん…)。

たまぺん。

人から言われるより、
デジタルツールに言われたほうが
傷つきません!

添削しやすくなる

「指摘されても傷つかない」の逆パターン。


仮にだれかの文章を添削するとなると、
いくつか気になる箇所があっても
「いや、これ以上は言いにくい・・・」って
思いがちですよね。

けれども文賢なら
「文賢がこう言っていますよ」って、
一言添えればいいだけの話です。

よむぺん

添削結果を
印刷もできるし便利だね

利用端末ごとに最適な文章が書ける

文賢では、
端末ごとの見え方も
表示替えできます。

文章は、
端末や文章の種類によって
一文の長さや改行する箇所も
違ってきますよね。

文賢なら、
「モバイル」「タブレット」
「PC」「フリー」から選べて、
見え方が一目瞭然ですよ。

文賢画面より

文賢のメリットまとめ

文賢のメリットまとめ
  • 追随を許さない高性能な推敲・校閲機能
  • 文章力が上がる
  • 短時間で読みやすい文章になる
  • 指摘されても傷つかない
  • 添削しやすくなる
  • 利用端末ごとに最適な文章が書ける

\ 今すぐ「文賢」公式サイトを見てみる /

デメリット2つ

メリットの次は、デメリットを紹介しますね。

価格は高め

文賢は一見すると、
お値段高めに感じられます。

買い切りでなく、初期費用に加えて更新費もかかります。

よむぺん

あれ?
でも添削サービス利用すると
結構かかるよね

でじぺん

誤字脱字ならともかく、
プライバシーや人権に配慮した文章でないと
企業としては大打撃に・・・。
最悪、炎上して
大損害が発生するかも。

すまぺん

文章が読みやすくなって
電子書籍やアフィリエイト収入が
増えるなら嬉しいな。

たまぺん。

つまり、文賢が高いか安いかは、
その人次第!
個人や企業が置かれている立場によって
変わってきますね。

セミナーに参加しないと、トライアルできない

文賢には、
気軽にお試しできる「トライアル版」がありません。

厳密には、
文賢の無料セミナーに参加しアンケートに答えれば、
トライアルで文賢を使わせてもらえるそうです。

この文章を書いている現在の実施状況ですと、
7日間の無料トライアルをしていました。

ただし、文賢のセミナーは月3回ほど。

すまぺん

急いで文章チェックしたいときは、
セミナー開始日まで待てないわね。

たまぺん。

私もセミナーに参加したかったのですが、
スケジュール調整が難しくて断念しました。
お試しなしで、
いきなり契約するのは、
かなり勇気がいりましたよー。
(本当はセミナー参加
 &お試しがしたかったです)

デメリットは、文賢の契約者にとってはメリット

文賢の料金価格体系は、
これから契約しようと思う人にとっては
たしかにデメリットですよね。

でも、この2つのデメリット

文賢の契約者から見たら、
デメリットでなくメリットな側面もあるのです。

なぜなら・・・

文賢のデメリットが、メリットでもある理由
  • 料金が高めで全員が使わないからこそ、「差別化」になる
  • お試しも限られているから、競合が気軽に使えない
  • 添削希望者が1日とはいえ、気軽に使えるようでは困る
たまぺん。

文賢は処理速度も速いので、
1日あれば膨大な文章量を
すべてチェックし終えてしまいます。

よむぺん

1日でも無料お試しを許すと、
「契約者」と「非契約者」との差別化が
できないものね。

でじぺん

だから無料トライアルを
セミナー参加者だけに
絞っているんだね

たまぺん。

つまり、文賢は
この料金システムによって
契約者を守ってくれているとも
言えます。

\ 今すぐ「文賢」公式サイトを見てみる /

文賢が向いている人6選

ここまでくれば、もうおわかりでしょう。

文賢は、本当に文章の精度を上げたい人向け
アドバイスツールなのです。

たとえば、
文賢はこんな方たちにオススメです。

ブロガー・Webライター

ブロガーやWebライターは、
自分の書く文章が収入に直結します。

簡潔でわかりやすい文章を書けるようになれば、
文字単価が上がったり、
アフィリエイトの成約率も上がるかもしれませんね。

電子書籍作家・論文を書く人

長文を書く人にとって、
すべての文章を自分でチェックするのは大変です。

添削に出す方法もありますが、
まずは文賢でチェックしてみるのも
ひとつの方法です。

一度、入会金さえ支払ってしまえば、
あとは月々の更新料だけで
いつでもチェックしてもらえる環境を整えられます。

編集者・外注ライターを抱えている人

ブログや書籍の編集者、外注ライターを抱えている人にも
文賢はオススメです。

他人の書いた文章を指摘するのは気をつかうし、
すべて添削・チェックするにも時間がかかります。

まずは第一段階で文賢にチェックしてもらえれば、
あとは目視で残りの部分のチェックをするだけでOK!

たまぺん。

チームで使うなら、
2アカウント以上を
契約してもいいですね

出版サポート・添削サービス提供者

書籍の出版サポートや添削サービス
実施している人にとっては、
オススメを通り越して「必須ツール」です。

なぜなら、数秒待てば、
文章の指摘箇所が
自動で抽出されてくるんですよ。
(もちろん、すべてのミスが
 見つかるわけではありませんのでご注意を…)

他社が指摘できなかった箇所を
きめ細やかに添削してあげられる大チャンス

逆に、文賢を利用せずに目視だけでの添削サービスでは、
他社に大きなおくれを取ることになりかねません。

たまぺん。

出版サポート・添削サービス実施者にとって、
文賢は必須ツールです。

企業広報担当者

企業を代表して情報発信する立場の人にとっても
文賢は重宝するでしょう。

たとえば広報担当者などです。

ちょっとしたスペルチェックならまだしも、
誤解を招きそうな表現、人権に配慮できていない表現は
避けなければなりません。

文賢の「アドバイス機能」も役立つことでしょう。

自分の文章力をアップしたい人

今のところ、
企業の広報担当者でも、プロの執筆家やライターでもない。

そんな人で大丈夫!

文賢は「自分の文章力を本気でアップさせたい人」すべてに
ぴったりのツールです。

自分が書いた文章を
自動で添削してくれるサービス
文賢ほどの精度で指摘してくれるツール
めったにお目にかかれません。

Wordのスペルチェック機能とは
比較にならないくらい、
文賢は高性能です。

文賢をずっと使い続けるのが難しければ
最初の3か月だけ契約して
期間限定で
自分の文章力をアップするのもいいでしょう。

たまぺん。

自分の文章のクセが
わかりますよ!

\ 今すぐ「文賢」公式サイトを見てみる /

文賢に向かない人

ちなみに、こんな人は
間違っても契約してはいけません。

もともとミスなく書ける文章の達人

もともと文章の上手な方。
指摘事項が少なすぎて、
物足りなくなるかもしれません。

たまぺん。

私は10行書いただけでも、
指摘事項が満載でした。

私の場合、
半角英数が統一されていなかったり、
「です。」の多用ですね。

完璧なチェックを求める人

文賢に完璧なチェックを求める方もNGです。

いくらきめ細やかに指摘してくれるとはいえ、
ぜんぶの修正箇所を洗い出してくれるわけでは
ありません。

たまぺん。

「間違いが見つかってラッキー!」
くらいに思える人でないと
ストレスたまると思いますよ~。

文賢の指摘を真に受けてしまう人

文賢が指摘してくる箇所には
「いや、そのままでも大丈夫でしょ」
「わざと、そう書いているのに」
と思われる部分もたくさんあります。

指摘箇所すべてを真に受けて訂正していたら、
キリがありません。

たまぺん。

本当に修正の必要な箇所だけ
書き直すようにしましょう。

文章をチェックしてもらう必要性のない人

あとは、根本的な問題ですが
そもそも「文章をチェックしてもらう必要性のない人」

こんな方は契約してはいけません。
(たぶん契約しないとは思いますが…)

文章は、よほどのことがない限り
たいてい伝わるもの。

「校閲支援」はミスなので訂正する必要性大ですが、
「推敲支援」はあくまで「読みやすくするためのもの」

「推敲支援」を必要としていない人にとっては、
「別にそこまで書き直さなくてもいいじゃないか」と
なりがちですので、契約しない方が賢明です。

結論:文賢は、文章に本気で取り組む人向け!

つまり、文賢
「文章に本気で取り組みたい人」向けの
サービスです。

あなたは、どこまで文章に本気で向き合いたいですか?

この質問への答え次第で、
文賢を申し込むかどうかは決まるはずですよ!

\ 今すぐ「文賢」公式サイトを見てみる /

Q&A

文章データはクラウド保存されますか?

文賢に入力された文章データは、
クラウドサーバー上には保存されません。
文賢スタッフの方が
文章データを閲覧することはありません(2022年7月現在)

Macでも使えますか?

Macでも使えます。

動作環境はPCでWindows 10以上、macOS High Sierra以上。ディスプレイ幅1280px以上。ブラウザはGoogle Chrome最新版でJavaScriptが有効な状態のみを想定。

スマホやタブレットで使えますか?

使えません。PCのみを想定したツールです。

更新期間は何日ですか?
  • クレジットカード(PayPal)は30日更新
  • 銀行振り込み180日更新
  • 銀行振り込み1年更新・・・・・・料金1か月OFFです。
たまぺん。

解約は更新期間ごと。
迷っているなら
30日ごとに解約できる、
クレジット払いがオススメです。

結論:文章のレベルアップを目指す人には必須ツール

いかがでしたか。

文章作成アドバイスツール「文賢」

本気で自分の文章に向き合いたい人には
オススメのツールです。

たまぺん。

この記事が
契約前の参考になれば嬉しいです。


\ 今すぐ「文賢」公式サイトを見てみる /

文賢の価格料金・レビュー・感想

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる