「活・文章力」好評発売中! 読んでみる(Amazon)

About Me?

Let’s Create Digital Works & Workstyle!

こんにちは。「たまぺん。」です。
兵庫県生まれ。
いまは、
家族といっしょに関東圏で暮らしています。


Kindle作家で、2児の母。
現在は電子書籍をはじめとする
「デジタルコンテンツ」を提供しています。

パソコン&コップ

私の略歴を語るまえに、私が
「デジタルコンテンツ」に至った原点について、
少しだけお話させてください。

私は以前、
楽天市場やAmazonなどでネットショップ店長をしていました。
「モノ」を1回でも売った経験のある方は
ご存知かもしれませんが、
「モノ」を扱うショップ運営は、
想像以上に大変な作業でした。

お恥ずかしいことに、
私は子どもができてはじめて、
「赤ちゃんが寝ている横でPC作業」
がどれだけ幻想であるかを知ったのです。

年月が経過しても「オギャー!オギャー!」は
「ママー!ママー!」に変わるだけでした。

当時の保育園は「超」がつくほどの激戦状態。
もちろん長男の保活はあっけなく惨敗。
毎日の発送締め切り時間と
「ママー。見て!見て!」の叫び声の狭間で、
もがき苦しむ自分がそこにいました。


受注管理システムの導入。
発送代行会社への外注。
商品サイズのミニマル化。
海外輸入。

在宅かつ隙間時間で働ける方法を、
当時の私は必死に模索しました。

けれども、
私がどれだけ受注や物流の
オートメーション化を図ろうとも、
仕事と子育ての両立は、もう限界でした。

私は確信しました。

「モノが自分のまえを通過する限り、
 作業は減らない」

心機一転。私は在庫をすべて処分しました。
部屋にはすっきりとした空間が生まれ、
子どもと向き合う時間も持てました。

さて。この先どうしよう?

そのようなとき、私の目のまえに現れたのが、
電子書籍の出版だったのです。


Amazon Kindle出版との出会い

私が電子書籍を初出版した2020年頃は、
まだ電子書籍出版のノウハウが
ほとんどありませんでした。

情報をかき集め「書籍」という形態にし、
なんとかAmazon専用サイトで出版したのを、
今でも良く覚えています。

本を出版後、
電子書籍による印税を受け取りはじめた私は、
ある不思議な事実に気がつきました。

「あれ?在庫補充しなくていいの?
 商品発送・・・しなくていいんだ!」

電子書籍出版

電子書籍出版であれば、
自由な時間をもてる

電子書籍出版の恩恵は、
「印税」「地位名声」「宣伝集客」など
出版をする人の数だけ種類があります。
もちろん、それもあります。

ただ私にとって、
電子書籍出版における最大の恩恵は
「自由な時間」でした。

だって「ママー。見て!見て!」って
子どもから言われて
「うん。いいよ。」って
言ってあげられる回数が増えたのですよ。

これ以上のメリットがほかにあるでしょうか。

もうモノで売らない。データで売る。

電子書籍は「モノ」ではなく「データ」。
商品が「モノ」から「データ」に
置き換わっただけなのに、
これまでの仕入れ・商品登録・検品・
メールのやりとり・梱包・発送など
多くの作業が不要となったのです。

「デジタルコンテンツ」であれば、
どれだけ売れても、商品の決済から納品まで、
すべてが自動で進んでいく。

そう、デジタルコンテンツは
「積み上げ型」のビジネスなのです。

ネットショップは「モノ」が売れすぎると
悲鳴状態でしたが、
デジタルコンテンツなら、全然平気。

なんなら、いつ自分が
大ベストセラー作家になっても大丈夫!

それって、別に私だけのことではないですよね。
この文章を読んで頂いているあなただって、
同じことです。

そう考えると、なんだかワクワクしてきませんか?

電子書籍から、その先へ

電子書籍の出版は、私にとっての第1歩。
コンテンツビジネスの入り口に
立ったに過ぎません。

でも!
実はすでに裏側では、
次の目標に向けて動きはじめています。

電子書籍の出版は、私にとっては土台であり、
次のステップへの足がかりのひとつ。
次の計画に向けて、
私はいま着実に歩みはじめています。

そして、その計画はきっとあなたにとっても
有益なサービスとなると確信しています。

数か月先には、新サービスを発表する予定。
ぜひ楽しみにしていてください。

私「たまぺん。」は、
あなたに新しい価値を提供するべく、
まもなく本格始動します!!!

デジタルでワクワクをつくろう!    by たまぺん。

略歴

2012年起業の元ネットショップ店長。
楽天市場やAmazonなどでショップ運営経験あり。

2020年4月に初出版。
デジタル専門のKindle作家。


2児の母として仕事との両立を考えるなか、
Amazon Kindle出版と出会う。


「モノでなくデータで売る」がモットー。
現在、Amazon Kindleにて5冊の本を出版中。

「デジタル」の4文字付近で、
「たまぺん。」は出没します。

デジタル活用で、自分らしいワクワクを!

あなたは無理矢理、
自分を会社や人に合わせすぎていませんか。

ほんとうは大切な人ともっと過ごしたいのに、
体調があまり良くないから休みたいのに、
自分のアイデアを業務に反映させたいのに、
いつも我慢を積み重ねて働いていませんか。

もちろん、
すべてが自分の好き勝手にできるわけではありませんし、
いきなり自由な暮らしを実現するのは
難しく思えますよね。

でも、これからの時代は違います。

始業時間は定時でなくてもいいし、
決められた場所で働く必要もないし、
一緒に働く人は自分で決めていいし、
何を発信するかも自分で決めていいのです。

「サービス」が付加価値である時代は
終わった

これまでは、
人に何かしらのサービスを提供するときには
たいてい「モノ」の提供が必要で、
目に見えない「サービス」や「データ」は
付加価値に過ぎませんでした。

本屋にある書籍は
「紙+コンテンツ」で提供する必要がありましたが、
これからは「データ+コンテンツ」で
加速度的に顧客に価値を届けられるのです。

「デジタル」がこれだけ発展してきた現代。
「サービス」や「データ」は付加価値ではなく、
商品そのものになり得ます。

そして、どうすれば顧客に向けて
価値をデータで届けられるのかというと、
それは「デジタルコンテンツを制作する力」を
身につけることです。

デジタルコンテンツの制作で、
あなたは自由になる

デジタルコンテンツを制作することで、
あなたは「4つの自由」を獲得できるでしょう。

4つの自由とは、
すなわち
「時間の自由」
「場所の自由」
「人の自由」
「内容の自由」
です。


最初は日常業務やタスクの効率化から
はじまりますが、
あなたは自分の自由の幅が広がっていることに
やがて気がつくことになるでしょう。

「デジタル活用」は、
あなたの能力を活かす最大の武器です。

私はあなたの思考を
「モノ」でなく「データ」、
つまり「デジタルコンテンツ」に
変換するお手伝いをします。

なぜ「モノ」でなく
「データ」でなければいけないのかは、
最初にお伝えしたとおりです。

これからの時代を生き抜く
「デジタルコンテンツ制作能力」。
私と一緒に身につけていきませんか。

まずは、近日発売予定のたまぺん。の書籍。
ぜひご覧くださいね。

たまぺん。の活動内容

・Twitterにて
 「出版してみよう」と思える内容を発信中

・ブログにて
 「具体的にどうやって出版するの?」を無料解説

・ブログ・Twitterとはべつに、
 複数ペンネームで電子書籍も販売中
 (一部書籍はKindle読み放題サービスで無料購読可能)

・〇〇にて、〇〇を提供予定
 (Coming Soon! まだナイショです。)

・只今子育て真っ最中のため、
 コンサルは実施しておりません。
 でも「こうしたコンテンツを書いて!」
 というご要望は大歓迎!
 TwitterのDMよりご連絡くださいね。